【無駄】同期の飲み会がつまらない理由と参加し続けるリスク

【無駄】同期の飲み会がつまらない理由と参加し続けるリスク

この記事のまとめ

同期が嫌いなわけじゃない、飲み会が楽しくないなわけでもない

なのに行きたくないのはなぜなのか?

会社の同期との飲み会がつまらない理由と対処法について解説します

メリットのない飲み会に参加し続けると将来取り返しのつかないことに?

ラップ先輩

グチ、自慢、虚栄、下ネタ、悪ノリ…

あれ、全然楽しくない…

いつしか違和感を覚え、飲み会のなかで同期との感覚のズレを感じたことはありませんか?

鎌田くん

同期との人間関係が重要なのはわかるんだけど、一緒にいる時間に生産性を感じないんだよなぁ

そんな飲み会は時間の無駄だからすぐにでも参加をやめたほうがいいぜ

名前

時間とお金は無駄にかかるのに得られるものが何一つない…

そんな同期との飲み会がつまらない理由と対処法について実体験をもとに解説します。

むしろ、同期との飲み会に違和感を感じるのはいいことです。

同期との飲み会に出てくるつまらない話トップ3

同期との飲み会で出てくるつまらない話トップ3

毎回、同期との飲み会のあとは時間をドブに捨てたかのような虚無感と焦燥感に襲われる…

なぜなのか?

それはシンプルに同期との飲み会でする会話が面白くないからです。

鎌田くん

毎回似たような会話の繰り返しだったり、グチや悪口などネガティブな内容だったり…

なんでそんなものに毎回何千円も払っているのか意味わからないぜ

名前

特に私が同期との飲み会でよく出てくるつまらない話トップ3をあげるとしたら以下の3つです。

  1. 忙しいアピール
  2. グチ大会
  3. 下ネタトーク

忙しいアピール

  • おれ、先月の残業時間がついに○○時間越えちゃったぜー
  • 結局、今年は有給○○日しか使えなくて繰り越せなかったー
  • 今週は週5で飲んでるから全然寝てないんだよなー

いや、それ誰に対するなんのアピール?

誰かが言い出すのをきっかけに突如始まる忙しいアピール大会…

なぜ残業時間が長いことや有給を取れていないことが自慢になるのか?全く意味不明です。

鎌田くん

仕事が終わらないのは効率が悪いからであって寧ろ恥ずべきことなんだけどな…

なんて、あの熱気のなかでは口が裂けてもいえません。

グチ大会

  • アイツ、仕事できないくせに生意気なんだよなー
  • こないだ入ってきた新人、全然使えねー
  • 面倒な客に当たっちまって最悪だよー

でた、内輪で文句を言うだけのグチ大会!

たまにはストレス発散も必要だというのはわかります。

でも、いい歳した大人が何度も同じ話を繰り返して傷を舐めあうだけの時間は無駄でしかない

鎌田くん

その現状を打破するための努力はなにかしてるのかな…

と、そんなマジレスをしようものならたちまち空気読めない認定が下されるでしょう。

下ネタトーク

  • ○○部署のあの二人、実は不倫関係らしいよ
  • 新しく入ったコ、めっちゃかわいいよなー
  • 出張のときに行った風俗がすごくてさー…

お前らの脳みそはいつまで学生気分なのか?

理不尽さに耐えて遅くまで残業して、そのあとに下ネタで笑いながら酒を飲む人生は面白いのか?

特に男性の場合は、未だにセクハラや女性蔑視的な発言をお酒の場で平然とする姿も見受けられます。

鎌田くん

自分は教養レベルが低い人間ですって周りに公言しているようなものだと思うけど…

ああ、こういう人が将来無自覚にセクハラとかするおじさんになるんだろうな…

同期で無駄な飲み会ばかりする人の特長

同期で飲み会ばかりしているメンバーの特長

同期飲みといっても全員が集まることは滅多にありません。

鎌田くん

入社当初はみんなで集まっていたけど、徐々に人数が減ってメンバーが固定化されていくよね

入社年度によっても、いつまでも同期とつるむ世代と全くつるまない世代に別れるよな

名前

同期のなかでも毎回飲み会に参加するメンバーとたまにしか来ないメンバーとに分かれます。

特に、同期の飲み会に固定化されるメンバーには以下の特徴があります。

人間関係が狭い

身内には気が強いけど対外的には弱気な内弁慶タイプ…

友達が少ない、というよりは同じタイプの人とばかり付き合っている傾向があります。

価値観も固定化されて井の中の蛙状態にもなりかねません。

勉強をしていない

日本のサラリーマンは先進国で一番勉強していないとまで言われるほど、勉強をしません。

特に飲み会に時間もお金もかけてしまっているような人は自己投資をしていない人が多いです。

人生のうち、学生でいる期間よりも社会人でるいる期間の方が圧倒的に長いのに、もう学習することは無いのでしょうか?

新しいことに挑戦していない

社内に良好な人間関係を築き、上司に気に入られれば年功序列で昇進できる。

その結果、多くの人が新しいことに挑戦するより同じメンバーで繰り返す飲み会の方が価値があると勘違いしてしまうのでしょう。

それは終身雇用時代の負の遺産というべきかもしれません。

同期との飲み会に参加し続けるリスク

同期との飲み会に参加し続けるリスク

年功序列と終身雇用の時代であれば、同じメンバーで飲み会を繰り返すことに価値があったかもしれません。

でも、既に多くの人が年功序列も終身雇用も崩壊していることに気付いています

鎌田くん

もう年功序列でエスカレーター式に給料を上げていく余裕が会社になくなってるよね

終身雇用どころか会社が10年後も存続する保証なんてどこにもないのにな

名前

そんな厳しい社会において、同期との飲み会に参加し続ける最大のリスクは人材としての市場価値を失うことです。

日本では、30代前半を超えると一気に転職が難しくなるといわれています。

実力主義とはいえ、日本の労働市場は未だに「若いこと」に価値を置いているからです。

勉強もせず、自己投資することも無く、気の合う仲間との飲み会を繰り返す…

そんな楽しさに浮かれているといつの間にか「若さ」を失い、そのまま市場価値も失われてしまのです。

メリットのない同期との飲み会なら参加をやめよう

メリットのない同期との飲み会なら参加をやめよう

私は決して同期との関係性が無意味だとは思いません。

実際に、仕事のなかで同期に助けてもらう場面を何度も経験しています。

ただ、いわゆる「同期」という枠でくくられた飲み会に参加しなくても良好な人間関係は作れます

鎌田くん

同期だから、ではなくて気の合う仲間として個別に切磋琢磨しあえる関係を築けたらいいよね

そうやって作った仲間との方が深い話も出来るし、長い人間関係を作れるよな

ラップ先輩

私は32歳という転職市場ではギリギリの年齢で転職を果たしました。

年収は増え、一方で残業は減り、このタイミングで転職できたことに満足しています。

でも、転職した後でも前職の仲のよかった同期とは今も飲みに行ったり旅行に行ったりする関係が続いています。

同期との飲み会がつまらないと感じたら、それは市場価値が下がっている自分に対して発せられたアラームなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA