【困った】海外営業なのに英語できない?英語力不足を克服する方法

【困った】海外営業なのに英語できない?英語力不足を克服する方法

マルニ先輩
マルニ先輩

この記事のまとめ

今どき国内営業やっても転職で有利にはならない!時代はやっぱり海外でしょ!

でも英語でメール?英語で電話??英語でプレゼン???いや、絶対ムリムリ!

英語ができない人に海外営業は可能?仕事はどのくらい対応できる?

最低限必要な英語力をつけるための方法とあわせて解説します

留学経験も無い、帰国子女でもない、でも海外の仕事には興味がある…

このように英語は苦手だけど海外営業になりたいという人は意外と多いのではないでしょうか?

バツイチ君
バツイチ君

出張でいろんな国にも行けるし海外営業の方が転職にも有利だよね

マルニ先輩
マルニ先輩

若いうちに海外営業や海外駐在を経験すると長期的なキャリアを築きやすくなるよな

「海外経験はキャリアアップに有利だ」と頭でわかっていても英語に自信がないと最初の一歩を踏み出せません。

  • 海外営業が仕事で英語を使うシーンってどのくらいあるのか?
  • ぶっちゃけ英語力(TOEIC)ってどのくらい必要なのか?
  • 英語ができない場合でも仕事をしながら覚えられるのか?

私はTOEIC600以下で海外営業のキャリアをスタートしましたが、仕事しながら900までスコアを上げました。

更に海外経験を生かしてグローバルで活躍する大企業への転職を果たし、年収もアップしています。

その経験から英語ができない海外営業の生き残り戦略を解説します。

英語力に不安があるけど海外営業を諦めたくない!という人に少しでも参考になればと思います。

海外営業で英語を使う機会はどれくらいある?

海外営業で英語を使う機会はどれくらいある?

海外営業といっても役割や職務の範囲は会社によって異なります。

  • 海外の顧客と直接交渉や契約をするケース
  • 商社や代理店を介して販売するケース
  • 海外現地法人のサポート業務

 

バツイチ君
バツイチ君

一口に海外営業といっても英語を使う頻度は仕事の内容によって変わるんだね

マルニ先輩
マルニ先輩

英語でのコミュニケーションもメールが中心だから辞書を使っても平気だよ

海外を飛び回って英語でプレゼンをしてクライアントとがっちり握手…

このようなイメージが先行しがちですが実は海外営業になってからでも英語力不足を克服する時間的な余裕は十分あるのです。

メールなら送信前に辞書を引いたり先輩にチェックしてもらったりも可能なので問題ありません。

また、相手が現地法人のスタッフであれば外国人とはいえ社内の仲間なのでそこまで緊張する必要ありません。

将来的には英語でプレゼンしたり1人で海外出張に行ったりもありえますが、会社側もそんな大役を若手1人に任せることはないので安心してください。

▼次の関連記事に海外営業の仕事内容について詳しく解説しています

【意外とつまらない?】海外営業の仕事内容とやりがいを現役が徹底解説【意外とつまらない?】海外営業の仕事内容とやりがいを現役が徹底解説

海外営業に最低限必要な英語力

海外営業に最低限必要な英語力

海外営業のキャリアをスタートした時点での私のTOEICは600点未満です。

つまり、最低でもTOEIC600あれば海外営業の仕事は対応できると証明できました。

バツイチ君
バツイチ君

なーんだ、TOEIC600くらいなら努力すれば自分でも何とかなりそうかも

マルニ先輩
マルニ先輩

しかも仕事をしているうちに自然とTOEICスコアが伸びてくれるからお得だよ!

もちろんTOEIC600程度の英語力でできる海外営業の仕事は限られます。

では具体的に海外営業のどのような仕事に対してどのくらいの英語力なら対応可能なのか?

仕事の内容別にTOEICスコアの目安を解説します。

メールのやり取り⇒TOEIC 600-650点

海外営業が普段の仕事で最も英語を使うのがメールのやり取りです。

メールは送る前に単語を辞書で調べたり、文章を先輩や上司にチェックしてもらえるので比較的簡単に対応できます。

なのでTOEIC600点を取っていれば英語でメールのやり取りをするくらいなら十分対応可能です。

また、メールを英語でこなしていると英語力は自然とアップします。

なので独学でTOEIC800を目指すよりTOEIC600くらいでさっさと海外営業になってしまったほうが効率よく英語力を伸ばせます

電話対応⇒650-750点

なんといっても緊張するのは英語での電話対応です。

私も新人のとき、海外からの電話を取って何も聞き取れず恥ずかしい思いをしました…

自信を持って電話対応ができるためにはTOEIC700前後の英語力は欲しいです。

ただ、TOEICの勉強をいくらしても英会話能力がなかなか伸びまないのが悩みどころ…

そこでオススメは同じ会社の現地スタッフに積極的に電話して練習相手になってもらうことです。

メールした内容のフォローや要求している資料の提出期限の確認など、簡単な会話からスタートしてみてください。

自分から電話すれば、話す内容を事前にメモするなど準備もできます。

会議の司会進行⇒750-800点

徐々に仕事を覚えて案件を任されるようになると、会議に出る側から会議を主催する側になります。

アジェンダに沿って会議を進行していくには最低でもTOEIC700後半くらいの英語力が必要です。

もちろん英語力以外にも製品知識、関係者との人間関係、プロジェクト全体像の把握といったことが求められます。

このくらいになると、海外出張中の業務もある程度一人でこなせるレベルになるでしょう。

顧客へのプレゼン・交渉⇒800点以上

海外営業の仕事の中で最も難易度の高い英語力を求められるのは顧客へのプレゼンや交渉の場面です。

  • 利害の異なる社外の人をいかに説得できるか?
  • 競合他社と比較した製品・サービスの優位性をいかにアピールできるか?
  • 価格や契約条件などお互いに納得できる妥協点をいかに探り合えるか?

これらの顧客に対するプレゼン・交渉を任せられるにはTOEIC800以上の英語力が望ましいです。

これが一人でできるようになれば海外営業として一人前といえると思います。

海外営業のオススメ英語克服方法

海外営業のオススメ英語克服方法

冒頭でも説明したように、海外営業になってからでも英語力不足を補うことは可能です。

とはいえ、何もしなければ英語力はいつまで経っても上達しません

バツイチ君
バツイチ君

英語に困ったら優しい先輩や上司が助けてくれるからついつい頼っちゃう…

マルニ先輩
マルニ先輩

でも周囲に頼ってばかりいたらいずれ国内営業に異動させられちゃうかもよ!

帰国子女でもない限り、最初から英語が難なく話せる人はいません。

重要なのは失敗して恥をかいてもめげずにやり通すことです。

それさえできれば英語ができない状態で海外営業になっても克服する方法はあると保障します。

英語の習得に伸び悩んでいる人は特に以下の3つを意識して仕事に取り組んでみてください!

先輩・上司のマネをする

最初のうちはとにかく先輩・上司の真似をしてください。

  • 先輩・上司のメールでよく出てくる単語や表現を真似る
  • 先輩・上司の電話に聞き耳を立てて話し方を真似る
  • 先輩・上司の会議での立ち振る舞いや議事録の取り方を真似る

海外営業として働く最大のメリットは高い英語力を持つ先輩・上司と一緒に仕事ができることです。

この環境を利用しない手はありません。

海外の現地スタッフと会話する

英語で会話する機会があればあるほど英語力は上達します。

かといって日本人同士で英語を使って会話をするのは違和感があるし、英会話教室に通うにはお金がかかります。

そこでオススメなのが海外現地法人の現地スタッフと会話することです。

  • ちょっとした事務的な確認でもメールではなく電話をする
  • 電話した際に業務の邪魔にならない程度に雑談をする
  • 出張した際に一緒に食事をして関係を深める

これらを意識するだけでも日常の中で得られる英会話の時間を飛躍的に増やすことができます。

海外営業にいるかぎり、わざわざお金を払って英会話教室に通う必要はありません。

業務時間外の学習する

業務で英語を使うというのは、いわばアウトプットです。

仕事でアウトプットの環境を確保できているからこそ英語学習がはかどります。

  • あ、この単語、昨日もらったメールのなかにも出てきたな
  • 先輩がよく使う言い回しはこういう意味だったのか
  • 便利な表現を学んだから明日の会議で使ってみよう

このようにインプットとアウトプットを同時にすることで苦手な英語が克服できます。

当然、TOEICのスコアも飛躍的に伸びます。

英語ができない海外営業の生き残り戦略

英語ができない海外営業の生き残り戦略

英語ができないうちは海外営業の仕事は苦しいものです。

  • 毎回先輩にメールのドラフトを手直しされる…
  • 電話で相手が何言っているのかわからずアタフタした…
  • 会議に出たのに議論についていけなかった…
バツイチ君
バツイチ君

仕事はできるのに英語が苦手なだけで活躍できないなんて悔しい!

マルニ先輩
マルニ先輩

その悔しさをバネにすれば誰だって絶対に英語を話せるようになるさ

私は英語ほど努力を裏切らない学問はないと思っています。

重要なのは諦めずに続けることです。

英語が出来ないという理由で海外営業の道を諦めないでください!

迷っている人はむしろ早い段階で海外営業になってしまったほうが結果的に英語も早く上達します。

たくさん恥をかいたり悔しい思いをしたりするかもしれません。

ですが、それだけの苦労を伴っても海外営業のキャリアは持っていて損の無い経験です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA