【意外とつまらない?】海外営業の仕事内容とやりがいを現役が徹底解説

【意外とつまらない?】海外営業の仕事内容とやりがいを現役が徹底解説

マルニ先輩
マルニ先輩

この記事のまとめ

世界中を飛び回り、英語でプレゼンを披露し、クライアントと握手を交わす…

そんなイメージが先行しがちの海外営業だけど、実は意外とつまらない?

転職して様々な会社で海外営業を経験した現役海外営業マンが海外営業の仕事内容とやりがいを詳しく解説します

期待に胸を膨らまして配属された海外営業部…

そんな海外営業の仕事内容に失望した経験はありませんか?

  •  日本語で社内向けの資料ばかり作らされる…
  •  海外営業なのに日本人相手に営業するってどういうこと?
  •  海外出張にもほとんど行かせてもらえない…
バツイチ君
バツイチ君

もっとほら、英語でプレゼンしたりパスポートのページが埋まるほど出張したり…

マルニ先輩
マルニ先輩

あらら、海外営業のイメージだけが一人歩きしちゃってる典型パターンだね

理想として思い浮かべていた世界を飛び回る海外営業マンはどこへ?

あまり知られていない海外営業の仕事内容とやりがいについて現役海外営業マンが詳しく解説します。

海外営業の仕事が意外とつまらないといわれる原因はどこにあるのか?

海外営業の仕事内容とは?

海外営業の仕事内容とは?

海外営業の仕事内容ってどんなものなの?

このような疑問に対して一言で簡潔に回答することはできません。

なぜなら海外営業の仕事内容は会社によって全く異なるからです。

バツイチ君
バツイチ君

どの会社でも海外営業マンは海外の顧客に対してモノを販売するのが仕事じゃないの?

マルニ先輩
マルニ先輩

会社によっては下手したら海外営業なのに英語をあまり使わない場合もあるよ

私は転職を繰り返して複数の会社で海外営業を経験しました。

そうした経験に基づいて海外営業の仕事内容を5つのパターン別に解説します。

なかには国内営業とやっていることがほとんど変わらないケース場合も…

海外の顧客に営業する

一般的にイメージされる海外営業の仕事に一番近いのが海外顧客向けに直接モノ・サービスを販売するケースです。

  • 英語で海外の顧客にプレゼンをして製品をPR
  • 英文の契約書にサインを交わす
  • 海外現地法人のローカルスタッフと同じ目標に取り組む

 

仕事内容は多岐に渡るため素早い判断と事務処理能力が求められます。

出張も多く、当然、英語を使う機会もたくさんあるのでスキルもつきやすいのが特徴です。

海外営業をサポートする

海外にモノ・サービスを販売する際には様々な事務作業が発生します。

  • 輸出・輸入にかかる貿易実務
  • 信用状(Letter of Credit)や手形を用いた支払い手続き
  • 販売予測に基づく需給の調整や在庫管理

これらのサポート業務と海外顧客への販売活動を海外営業が分担するケースも多いです。

大企業になるほど前線の海外営業とサポートの海外営業が明確に役割分担される傾向にあります。

逆に小さい企業だと海外への販売活動とこれらの事務処理を同じ担当者が兼任するので仕事がハードになりがちです。

国内の代理店に営業する

会社によっては海外顧客との接点や輸出入の実務を代理店(商社など)に委託している場合もあります。

その場合、最終的な顧客が海外にいることから国内の代理店(商社)への営業を海外営業が担うことになります。

代理店(商社)は日本の企業なので仕事内容は国内営業とあまり変わりません

大きなプロジェクトになると商社と一緒に海外出張をするチャンスもありますが、必要とされるのは技術系であることがほとんどです。

文系の海外営業は商社の陰に隠れて出る幕が無いかも…

海外現地法人をサポートする

海外現地法人がある場合、日本にいる海外営業の役割は相対的に少なくなります。

  • 日本の工場で製造したものを海外現地法人に売る
  • 本社の販売方針やマーケティング戦略を現地の営業マンに伝える
  • 売上目標を管理して達成が危うい場合は販売施策を検討する

このように海外営業が海外現地時法人のサポート役を担うパターンも一般的です。

現地法人のメンバーと定期的に情報交換したり会議を開いたりするので、英語を使う機会はそこそこあります。

ただし、日本人の駐在員がいる場合は英語を使う機会が少なくなるかもしれません。

また、海外現地法人はあくまで同じ社内の組織なので顧客と交渉するようなヒリヒリした緊張感はありません。

海外の代理店に営業する

大きな会社だとヨーロッパ、アメリカ、中国などのメジャーな市場は海外現地法人があることがほとんどです。

一方、東南アジアや東欧、中南米など比較的市場の小さい国々への進出は後回し…

それらのマイナーな国では会社に代わって現地の代理店が販売活動を担ってくれることがあります。

海外代理店との契約交渉や戦略共有も海外営業が担う大事な役割です。

代理店はあくまで外部の組織なので利害が一致しないと動いてくれません。

彼らをいかにモチベーションを上げて市場のシェアを拡大できるかが海外代理店営業の醍醐味といえます。

海外営業の仕事がつまらない原因

海外営業の仕事がつまらない原因

私が最初に勤めた会社では毎年、新入社員が海外営業に配属されていました。

しかしその多くが3年以内に転職してしまいます。

バツイチ君
バツイチ君

えー、せっかく海外営業に配属されたのにもったいなくない!?

マルニ先輩
マルニ先輩

そもそも英語が話せて転職に有利な海外人材は離職率も高いからなぁ

私自身、駐在を終えたころに仕事がつまらないと感じて新卒で入った会社を転職をしました。

海外営業の仕事がつまらないと感じる原因は大きく分けて2つあります。

1つは日本的な会社の雰囲気が居心地悪く感じてしまうことです。

海外営業とはいえ、日本企業に所属している限り日本的な「付き合い」への適応を求められます。

  • 「お世話になっております」から始まるメール
  • 飲み会では上司のお酒をこまめにつぐ
  • 名刺交換の作法やエレベーターの立ち居地などの謎ルールに従う 

こういった日本的な同調圧力や年功序列が強い会社にいると日々ストレスがたまります。

もう一つの原因は企業の国際競争力の低下です。

かつては「ものづくりの日本」といわれた時代もありました。

しかし現在では韓国・中国・インドなどアジアの国々が国際競争力を強めていて日本企業の出る幕がなくなってきています。

バツイチ君
バツイチ君

上司はみんな海外駐在を経験しているのに予算も減って若い世代にチャンスが回ってこない…

マルニ先輩
マルニ先輩

海外案件で利益が取れない会社はプロジェクトそのものがどんどん減ってしまうからなぁ

海外売上が減ると、国内営業とやることがほとんど変わらない名ばかり海外営業の仕事が増えてきます。

そんな仕事で20-30代を消耗するのはもったいない…

こうして海外人材は外資系企業や海外売上比率が高いグローバル企業にチャンスを求めて流れていくのです。

海外営業の仕事で得た3つのやりがい

海外営業の仕事で得た3つのやりがい

もうこんな会社で働くのはいやだ!

そういって私は新卒で入った会社を飛び出しました。

それでも不思議なことに海外営業をやめたいと思ったことは一度もありません!

バツイチ君
バツイチ君

海外営業の仕事ってそんなにやりがいがあるの?

マルニ先輩
マルニ先輩

そりゃ会社のお金で海外に行けるのは魅力だし、駐在だって何度でもやりたいよ

転職活動中も、面接では海外営業をやりたいと強く主張していました。

そのくらい海外営業には国内営業にはないやりがいと魅力がたくさんあると感じています。

その魅力を具体的にいうと以下の3つに集約されます。

言葉や文化の壁を乗り越える達成感

言葉、文化、宗教、物理的な距離、時差…

海外の人と同じ目標に向かうとき、そこには日本人同士であれば感じることのない「壁」がいくつも存在します。

それらの「壁」を乗り越えて目標を成し遂げる達成感が海外営業の醍醐味です。

  • 言葉が通じない悔しさ
  • 約束を守ってもらえない苛立ち
  • PCの画面越しにしか伝えられない歯がゆさ

海外営業の仕事はこれらの思い通りに行かないことだらけで苦しみます。

だからこそ、異文化の壁を乗り越えてプロジェクトを完遂したときの達成感は比べ物になりません。

就業後に海外の仕事仲間と飲むお酒の美味しさは万国共通です。

新規市場を開拓する臨場感

どの業界でも日本の市場は今後縮小するといわれています。

国内営業はそんな限られた市場の奪い合いです。

一方で海外市場にはこれからまだ拡大する夢があります。

  • まだ製品が行き届いていない新規市場の開拓
  • 急速な勢いで経済成長を続ける発展途上国
  • 止まらない人口増加と計り知れない市場のポテンシャル

 

そんな可能性に満ちた新規市場に身を置く臨場感は日本ではなかなか味わえません。

時には目先の利益を犠牲にして長期的な投資を担う可能性もあります。

失敗を恐れずにリスクを楽しめる人がにはうってつけの環境です。

市場価値を高めて成長していく実感

海外営業の最大のメリットは転職に有利なことです。

国内営業を10年経験するより海外営業を5年経験するほうがよっぽど有利に転職できます。

  • 英語力を伸ばせる
  • 異文化への抵抗感がなくなる
  • 海外人材としての評価が高まる

こうして経験を重ねるほど市場価値が高まるのを実感できるのは海外営業の特権です。

「いつでも自分の意思で会社から出て行ける」という自信がつきます。

▼次の関連記事に海外営業になることのメリットをまとめています

【目指せ】新卒でも海外営業はメリットある?会社選びのコツを解説【目指せ】新卒で海外営業はメリットある?会社選びのコツを解説

海外営業の仕事内容とやりがいまとめ

海外営業の仕事内容とやりがいまとめ

海外人材の獲得に必死な企業は採用ページで海外の華々しい実績を強調して紹介する傾向があります。

でもそうやってイメージ先行で選ぶと入社後のギャップに後悔するので注意が必要です。

バツイチ君
バツイチ君

華々しいイメージに惑わされずにちゃんと仕事内容を確認した方がいいね

マルニ先輩
マルニ先輩

仕事を通じてどう成長したいのか?っていう自分のキャリアプランを明確にするのも重要だぞ

海外営業なんて意外とつまらない…

それはただ「その会社の海外営業」がつまらないだけなのでは?

就職・転職活動では海外営業という職種名に惑わされず仕事内容とそこで得られる経験を重視しましょう。

海外営業の仕事内容にはいくつかのパターンが存在するので、まずはそれらのパターンに自分の希望を当てはめることから始めても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA